nekuramakura

いろいろ書いたりまとめたり・・・

後鼻漏のBスポット治療レポート1回目

| 0 comments


4年位前から何をしても治らない後鼻漏の症状があるのですが、2ちゃんねるの掲示板などを見るとBスポット治療で(完治したという人はほとんど見かけないけど)大分よくなったという人をけっこう見かけるので、私も神奈川県にある病院で受けてきました。

昨日のことです。

そこはBスポット治療を積極的に行っている病院で有名らしく、話しはとても早かったです。

今まで何軒も耳鼻咽喉科にいったがレントゲンやCTを撮っても副鼻腔炎(蓄膿症)ではないので後鼻漏は治療のしようがないと言われたことなどを話すと、すぐに「じゃあBスポット治療やってみますね~」と言って、椅子に座ったままの私の鼻に綿がついた細い棒のようなものを突っ込んできました。

もの凄い痛いなどと聞いていたのですが、処置はほんと一瞬で終わりました。塩化亜鉛(消毒薬)を染み込ませた綿が先についた細い棒を、鼻の中の突き当り部分までつっこんでチョンチョンっていう感じで軽くこすられるような感覚です。これを左右やった後、今度は口から喉の奥の上の部分(上喉頭)を綿で一瞬こすって終わり。

処置自体は一瞬だし大して痛くなかったですが、塩化亜鉛がじわりじわりとしみてきて痛くなってきました。

痛みがあるということは炎症があるということになり、つまり上喉頭炎ということになるらしくBスポット治療は有効な場合が多いみたいなことを先生は言っていました。

ちなみに私が「後鼻漏ってBスポット治療で治りますか?」とはっきりと訊いたら「治ってる人はいるし、上喉頭炎がある人にはBスポット治療はかなり効くので良くなる可能性は高いです。ただ10人に1人くらいは何をしても改善しないという人もいます」みたいなことを言っていました。
今までどこの耳鼻咽喉科でも「原因不明」と言われてきたので、期待してもいいのかなと思いました。

Bスポット治療の後は、ネブライザーを鼻と喉から吸って終わり。これを週に1回くらいで、大体2~3ヶ月続けてみてくださいとのこと。

ネブライザーを吸引しているあたりから痛みが激しくなってきました。どんな痛みかというと風邪で喉と鼻の奥がやられた時の痛みと似ています。多分一時的に熱もでていたようで頭も痛くなりました。それが1~2時間続いてほとんど痛みはおさまりましたが、違和感は次の日になるまで続きました。

肝心の結果ですが効いている気はします。治療を受けた日は掲示板などでみんなが言っているように一時的に後鼻漏が多くなりました。これを書いている今(治療の翌日)は後鼻漏の量はいつもより少し少ないかなぁ程度です。ですが鼻からしていた嫌な臭いは通常時の5割減くらいにはなっていると思います。まあ消毒したのだからあたりまえかもしれないけど、これを根気強く続ければもしかしたら後鼻漏が治るのではないかという期待を持ってとりあえず2ヶ月くらいはがんばってみます。

またレポします。

スポンサードリンク

コメントを残す

Required fields are marked *.


Spam Protection by WP-SpamFree