nekuramakura

たまにメモを残します・・・

appleID(開発者アカウント)の2ファクタ認証が必須に!1台のiPhoneに複数のアカウントを設定

| 0 comments

Screenshot_2019-03-04 Apple ID - Apple Developer

2019年2月27日からApple Developer Accountにログインするには、そのアカウントの「2ファクタ認証の有効化」が必須になりました。

2ファクタ認証とは、セキュリティ的に重要なページにログインするときなどに、スマホなど別のデバイスにワンタイムなパスワードが送られてくるものです。いわゆる2段階認証です。

私は元々使っていた普段使いのappleアカウントと、開発者用アカウントは別だったので、一台のiPhoneに2つ(複数)のアカウントを紐付ける必要がありました。

ちょっとややこしかったのでメモを残します。

まずはiPhoneの「設定」→「一番上のアカウントの部分」→「パスワードとセキュリティ」にて2ファクタ認証がオンになっているか確認。

私の場合はオンになっていた(普段使いのアカウント)。

そして開発者用のアカウントを紐付けるには、「設定」→「パスワードとアカウント」→「アカウントを追加」→「iCloud」にてアカウントの追加が必要とのことだった。
(※ ios 12以降にアップデートする必要があるみたい)

しかしこれだけではうまくいかなかった。

どうやら「2ファクタ認証が有効になったアカウント」じゃないとダメらしい。

こちらのapple IDのページに開発者用のアカウントでログインしてみると、2ファクタ認証は有効になっていないことが分かる。

appleid1

そしてどうやって開発者アカウントの2ファクタ認証を有効にするかというと、どうやら最初の一度はiPhoneなり自分のデバイス自体に開発者アカウントでログインして2ファクタ認証をオンにするという作業が必要であることが分かった。

なのでiPhoneで普段使いのアカウントからサインアウトする。「設定」→「一番上のアカウントの部分」→一番下の「サインアウト」。

そして開発者アカウントでログイン。

ログインしたら「設定」→「一番上のアカウントの部分」→「パスワードとセキュリティ」にて2ファクタ認証をオンにする。

これで晴れてDeveloper Accountにログインできるようになりました。

Screenshot_2019-03-04 Apple ID - Apple Developer(1)

iPhoneのアカウントは元の普段使いのアカウントにログインし直しました。

そして先ほどのapple IDのページなどに開発者用アカウントでログインする時に、iPhoneにSMSでワンタイムな確認コードが送られてくるようになりました。

以上です。

スポンサードリンク

コメントを残す

Required fields are marked *.


Spam Protection by WP-SpamFree