nekuramakura

たまにメモを残します・・・

【トラブル有り】Uber Eats (ウーバーイーツ)配達の時給と収益 5月27日~6月2日

| 0 comments

IMG_5126

 

2019年5月27日~6月2日の稼働日は3日です。

5時間58分オンラインにして収益は4,344円でした。

5時間58分のうち、1時間くらいは買い物の行き帰りなどの私的な時間も含むので自給換算はしません。

なので5時間で4,344円と考えて、自給にすると大体850円という結果になりました。

ちょっとしたトラブルで一時間程の足止めがあってのこの金額なので、まあまあと言えるでしょう。

以下詳細。

スポンサードリンク

5月27日(月)

19時過ぎから台東区の浅草橋の駅周辺で待機していました。

しょっぱな30分くらい待機しました。

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

1件目の依頼が来ました。

お店は、浅草橋駅から少し離れた個人店っぽい飲み屋でした。

向かっている途中に、何気なく注文内容をみたらぶったまげました。

IMG_5090

IMG_5091

IMG_5092

え…?お弁当16個…?(さらにお惣菜が3つ)

Uber Eats4回目の配達にしては大きな注文すぎて不安になりました。

そしてさらに驚いたのが、お店に着くやいなやマスターが「あれもう来たの?今注文来たばっかりだよ~」

「え?」と思いつつも店内は非常に忙しそうだったので、とっさに「あっ、では外で待ってます」と外へでました。

カウンターだけのお店だけどほぼ満席で、カウンターの中にはマスター1人だけ…いやどう考えても時間かかりそう…

さらに不安が増します…いやな予感がしてきました。

しかし思ったよりも全然早く呼ばれてお店に入ると「はい、これでいいんでしょ?」とマスター。

目の前にはお弁当2つ、お惣菜が2つ…

あれ~

すぐにアプリの画面を確認、お弁当が16個であることを伝えます。

しかしマスターもタブレットを見せてきて、こっちの注文内容ではこうなっていると言ってきます。

カウンターのお客さん達は「16個ってw」とざわついていました。

う~ん…とりあえずサポートセンターに電話をします。

状況を説明し、サポートセンターの方で注文を確認してもらうと、やはりお弁当16個お惣菜3つと私のアプリに表示されている注文で合っているようでした。

サポートセンターの方は、一度お店に連絡をする、そして折り返し私に電話を掛けると告げて切りました。

しばらく外で待っているとマスターが外へ飛び出てきて「あったあった、注文あったよ!」

どうやらタブレットをスクロールしていなかったようでした…_| ̄|○
(※最後に聞いたのですが、どうやら初めてのUber Eatsの注文だったらしくマスターも焦っていたようです)

マスターは「すぐ作るわ!」と言いお店の中に入ってしまいました。

・・・これは…

今からこの忙しそうな中、お弁当追加で14個って僕は一体いつまで待つんだ…正直そう思いました…

Uber Eatsのマニュアル的にはお店について10分待っても料理ができない場合は配達を拒否できると書いてありますが、この時点で20分以上は経っていたと思います。

サポートから再度電話があり、料理の完成は今から25分くらい、そしてお客さんに連絡を取ったところ「遅くなってもいいから届けてほしい」とのことでした、と告げられました…サポートの方は気まずそうに、どうしましょうか…みたいな感じでした。

一瞬どうしよう…拒否しようかなと思いましたが「え?でも俺今からこの配達拒否したらどうなるの?他の配達パートナー呼んで状況説明して、はいものすごく待たせているお客様にお弁当16個配達よろしくね!ってことになるの?あかん!そんなん絶対あかん!」

妙な使命感がわき、気づいたらサポートの人に「分かりました。大丈夫です。任せてください。」と言っていました…

サポートの方はとても低姿勢な感じで、その後再度電話があり一度で運べそうですか、もし無理そうならお客様に2回に分けて配達するなどと伝えますよ、どうか焦らず安全運転でお願いします、などと言ってくれました。

さらに追い打ちで、アプリに以下のようなメッセージが届いていました。

IMG_5137

IMG_5138

なんだかんだでそれから30分以上は外で待ったと思います。

最後はカウンターで飲んでいたお客さん総出で手伝っていただき、注文の品をバッグにつめました。

入るか心配していましたが、お弁当とお惣菜は奇跡と言っていいほどバッグにぴったり収まりました(逆にスペーサーとして使うタオルやら緩衝材が入らずお店の前に一時的に置かせていただいたほど…笑)。

恐らく注文者の方をかなり待たせてしまっていたので、入らなかったらビニール袋に入れて自転車のハンドルに掛けて一度で運ぶつもりでした。

何はともあれ、あり得ないほどの重みのあるバッグを傾かせないように慎重に背負い、いざ出発です。

向かっている途中、そんな時に限ってピロリロ〜ンピロリロ〜ンと別の依頼が2件も来ましたが当然、拒否です!(それどころではない)

無我夢中でペダルをこぎましたが、配達先は拍子抜けするほど近い、中央区の会社さんでした(ベンチャー系ITっぽい雰囲気?)。

会社の入り口のところから、私と会社の方々で小分けにされたお弁当をバケツリレーのようにして納品です。

会社内からは、かなりお待たせしてしまった雰囲気がバンバン伝わってきましたが、事情を説明しつつ誠意を込めて謝罪したらなんとか笑顔を見せていただけました。

こうしてなんとか想定外だらけの配達がようやく終わりました。

収益は471円でした。

注文を受けてから配達完了まで、軽く1時間以上かかってこの金額は正直きついです(配達にかかる時間は収益に関係ないので)。

正直、特別ボーナス的な報酬を期待しましたがそれは無かったです。

当然、誰が悪いとかの話ではないのでしょうがないですね。

恐らく、めったに無いような大きな注文ですし(ましてや個人でやっている感じの飲み屋ではどう考えてもきつい量)、当然注文する側はそんなこと考える必要はまったく無いし、まだまだ黎明期と言えるUber Eatsのシステムも完璧ではないでしょう。

それに、あの忙しい中のマスターのがんばりようと、カウンターで飲んでたお客さんが総出で手伝ってくれたことや、お仕事で疲れて恐らく腹ぺこでお待ちいただいてたであろうにも関わらず最後は笑顔で許してくれた注文者の方々、様々な温かさに触れることができたしぶっちゃけ楽しかったのでこういうのもたまには全然いいかなと思いました。

元々、本業でPCばかりいじっている私は気分転換にもいいかなと思い始めた仕事なので、たまに体を動かして人々に接する仕事は金額の他にも得るものがあります。

 

この日は軽く働きたかっただけだしディナータイムも終わっていたので、1件目の配達を終えてもうやめようかなとも思ったのですが、やはり前回の1件だけでは気持ち的に物足りず、中央区・台東区あたりでのんびり自転車を走らせながら待機していました。

しかしイマイチ鳴らず、結果30分くらい待ってやっぱり帰ろうと思いました。

オンラインにしたまま蔵前のオリジン弁当で夕食を買っている最中に

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

2件目の依頼が来ました。

ちょうどいい、これだけ配達して帰ろうと思いました。

マクドナルド蔵前駅前店から墨田区のアパートに、お一人様分の料理を届けて収益は478円でした。

一応、墨田区の自宅に帰るまではオンライン、鳴らないまま自宅に着きました。

この日は2時間半くらいで、総収益が949円でした。

5月28日(火)

天気が悪く、断念しようかとも思ったのですが、雨がやんだすきに外へ出ました。

18時半くらいに定番化しつつある浅草橋に。

昨日とは打って変わって、着いた瞬間

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

1件目の依頼が来ました。

駅から少し離れた担々麺のお店です。

汁なし担々麺1つを台東区入谷のマンションに配達しました。

収益は592円でした。

さらにこの時に昨日から引き続いている3件配達で400円というクエストを達成。400円が追加されました。

配達中に他の依頼が2件も鳴っていました。

他の配達パートナーの方はどうしているのか知りませんが、私は配達中に他の依頼はまだ怖くて受けたことがありません。

『配達パートナーガイド』には、お店に料理を取りに行く途中に、そのお店から2件目の依頼ということで鳴ることがある「同時配達」については記載がありますが、配達中の別の店からの依頼の件については記載がありません。

恐らく慣れたらそういうのもバンバン受けるともっと稼げそうですが、お客さんを待たせて悪い評価をされたらどうしよう…と思ってしまいますね。

 

1件目の配達から割とすぐに

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

2件目の依頼がきました。

台東区 稲荷町の吉野家から、同じく台東区の会社さんに牛丼一つをお届け。

報酬は495円でした。

 

それから少しブラブラと走りながら待機していました。

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

3件目の依頼が来ました。

カレーは飲み物。 秋葉原店から、お一人様分のセットを台東区のマンションへ配達。

僕個人としてもそのネーミングから前から気になっていたお店です。名前の通り、袋の中で一番上に積まれたルーがスープカレーのような液体状だったので慎重に運びました。

マンションに着いたときくらいに、ピロリロ~ン、ピロリロ~ンと別の依頼が来たので、初めて配達中の別の依頼も受けてみました。

無事、カレーをお届けし(収益は450円)、すぐに次のお店に向かいます。

この時あたりから初の雨がパラパラと降ってきました。

正直、雨でUber Eatsの仕事をする気はなかったのですが、すでに依頼を受けていたのでしょうがありません。

次のお店は御徒町あたりにあるミナトグリルというバルっぽいところでした。

天気が不安定だったし、配達パートナーが少なかったのか、ちょっとお店まで遠かったです。

お一人様分の料理を受け取り、文京区のマンションへ配達。

収益は515円でした。

さらにこの時点で、恐らく雨の日だから急遽発生したと思われる4件配達で480円というクエストを達成。480円が収益に追加されました。

クエストも達成したし、雨もそこそこ強くなってきたので帰宅しました。

この日だけで時給換算すると約2時間で2,932円なので、軽く時給1,000円は超えました(初の1,000円超えは嬉しい!前日からのクエスト分を差し引いても時給1,250円!)。

5月30日(木)

この日は買い物に行くときに、一応バッグを背負って鳴ればいいなくらいの気持ちでオンラインにしました。

墨田区にある自宅から上野方面に向かいました。

目的地に着く頃に

ピロリロ~ン、ピロリロ~ン

1件目の依頼が来ました。

湯島のサイアム食堂というタイ料理屋から、お一人様分の料理を千代田区のマンションへ配達。

収益は462円でした。

ほんの15分くらいの仕事です。

この1件だけで買い物を済ませすぐに帰宅しました。

このようにいわゆるスキマ時間に1件だけ配達みたいなこともできるのがUber Eatsの魅力ですね。

ちなみに買い物などでお店に入るときは、自転車のタイヤと地面に置いたバッグを鍵で繋いでいます。

IMG_5127

IMG_5128

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

スポンサードリンク

コメントを残す

Required fields are marked *.


Spam Protection by WP-SpamFree